テストセンターからのお知らせ
・以下の乗物性能を調整しました
RX-77-4 GUNCANNON2(ガンキャノン2)
・以下の武器性能を調整しました
「MS beam cannon」


GUNDAM Explanetion Ⅱによると、ストーリ上での77-4は『重MSとしては破格の運動性能を得ることに成功した』と書かれている。 今回のTCアップデートでの77-4は、前回よりもなんとなく動きが良くなったと感じる程度であり、とても破格の運動性能と呼べる代物じゃない。 LA並と言うつもりは無いが、少なくとも陸ジム程度にしてもらわないと運動性能が特徴のMSとは認めがたい。

MS beam cannon のロック可能距離が伸びていた。 前回の1000mに対し、1200m程度となった。 しかし、1000m以上ではまったく命中しない。 私はEFの中でも比較的ビームスキルのある方だと思うが、1000m以上では着弾エフェクトを一発も確認できなかった。 やはりGUNDAM Explanetion Ⅱには、『左肩には多目的精密照準基が備えられ、高精度な遠距離砲撃も可能にしている』とあるが、UCGOの77-4は77-3よりも遥かに命中精度が悪い毎度おなじみ、ディンプス社お得意の、大嘘超お間抜けアップデートだった。 有名無実、無いのと一緒。 ロックできる距離が伸びただけであり、着弾については射程距離外と同じ扱い。 ちなみに、威力は前回と同じ(撃墜弾数に変化なし)。


f0021679_1748339.jpg

とりあえず、3Aで銀行の上に登れたが、これは性能の力というよりも私の頑張り

[PR]
by chap_adel | 2006-05-26 17:57 | ■ 西部戦線異常無し?
<< 命の1800m ガンダムの謎 >>