鉱山実装の失敗
鉱山で宝石採集。そういう目的が主だ。
しかし、元々の鉱山実装の目的は何だったのか?それを考えてみる。

本来の鉱山の存在意義は、素材生産用原材料の調達ではなかったのか?
だったと、記憶している。

しかし、ディンプス社の企画担当は頭が悪いので、運搬機材や銀行の格納上限を上げなかった。たった1000個の材料のために、掘削機材から素材を銀行に入れ、掘削機材を片付けて街まで行き、購入希望素材生産者を探して販売し、そしてまた鉱山へ戻り、掘削機材を取り出して作業に戻る。

ディンプス社さん、そんなことを一生懸命やる奇特な人はいませんよ。

多方面から要望が出ている、共同銀行や宅配、共同ハンガーの仕組みをさっさと作りなさいな。いい加減、自分らの運営の無能さに危機感持ったほうが良いよ。
[PR]
by chap_adel | 2006-07-10 10:15 | ■ 西部戦線異常無し?
<< テストセンターが開かない① 宇宙MS事情 >>